のんびり登山と自撮りを考えてみた1日。

はいたい!
パッチ3.55は28日ですね~
今週末には拡張の情報も出ますね~楽しみですっ!

さてさて、まだやることいっぱいなのですが体調を崩したこともありちょっとのんびりモードに入っています(*´ω`*)
ブログデザインもちょこっと変えてみたり♪
グループポーズが面白くてほぼ手を加えなくても良くなり外で撮るのも良いですが室内で撮るのになんか面白い調度品あったかなー?なんて探しているとありました。
インダイレクトランプ
インダイレクトランプ・スタンド

インダイレクトランプは床または台において使うタイプそしてインダイレクトランプ・スタンドは名前の通りスタンドの上に載っている照明です。とりあえず2つとも作ってみました。
使い方はそれぞれですがインダイレクトランプの方は下からの光源なのでインダイレクトランプ・スタンドと一緒に使う方がいいと思われます。でないと下から懐中電灯あてたみたいなSSに・・・w
室内でも陰影のあるSSを!と思ったので今回はインダイレクトランプ・スタンドを設置することに決定!
で、撮影してみたんですが後ろが壁でなんか味気ない…室内感バリバリ。
またもや何かいいものないかなー?と探すとミツケタ。
セラピーカーテン
無地の背景にぴったりでその後の加工にも役に立ちそうですよ~
早速作成。
これ染色も出来るので気分に合わせて色を変えるといいかもです。
ライトとカーテンを設置し軽く撮影スタジオっぽくなる自宅。まぁそれ以外ほとんど撤去したので今後もっとスタジオチックにします♪
ffxiv_20170215_200337.jpg
とてもこの数十分前には物置部屋だったとは思えない

ちなみにインダイレクトランプ・スタンド×2インダイレクトランプ×2を左右に設置すれば無影撮影に対応できるかと思います。
影を作りたくない方なんかはそういった作りにしてもいいかも?私は陰影をつけるのを目的なのでライト1つで。
早速試し撮り。
ffxiv_20170215_201104.jpg
誰に見られることもなく思う存分自キャラのSS撮ることができますよ♪
全身を写すというよりバストアップがメインでしょうかね~?
試し撮りなので武器とか適当なのであまり気にしないでくださいw
調度品って設置するまでどんなものかわからないですよね?
おススメなのはこれっ!
91rHFCRFkPL.jpg
エオルゼアコレクション2016-2017
装備から調度品全部載ってますよ!見た目もファッション雑誌風でお洒落♪
もちろん買ってますよね?
買ったけどまだ手元にない!っていう方にはこちら
エオルゼアハウジング
調度品が画像付きで載っていてとても便利ですよ~。



さて、撮影所が終わってひとしきりルレを回し終わったところで私が所属している登山部のリーダー様が
「制服できたよー」
との知らせ。配ってくれると言うので受け取りに行ってきました♪
時間が早かったのでまだ人がいなかったのですが受け取り着替えたついでに「登りに行くか!」なノリになりそのまま登山へ!
あそこの屋根に上ったりしてきました~。後からメンバーも到着して撮影会!
グループポーズから戻ったらだれか下に落ちていたり面白かった!
「いっぱい撮ったー」
「あれ」
のリーダーのコメントに笑いましたw撮ってる間に操作間違って走って落ちてったのよw
登山部ロゴもあると言うのでいただきさっそく使ってみました!
1人で黙々登るのもいいけどみんなでワイワイ登るのもいいよね!あまり目立つ行為は登れる場所を減らしてしまうのでできないけれども・・・
登るためにはいろいろなテクニックがありいろんな技を使うのですが興味があったら
カロリズムさんのエオルゼア登山スポット紹介動画を見てみるのもいいかもしれません。お手軽な登山スポットなんかも紹介されているのでお勧めです♪
ffxiv_20170215_221048.jpg

ffxiv_20170216_000628.jpg


―幻影諸島の怪―
深夜に幻影諸島を訪れると船着き場のある場所に青白い女の首が不気味な笑みを浮かべながら波間を漂っているという…
ffxiv_20170216_040857.jpg



※注
ここどうやって行くんですか?等の質問にはほとんどの場所がお答えすることができません登山をいつまでも楽しめるようむやみに他言したりしないようにして活動しております(一部海外の方などが「俺スゲーだろ」ばりに動画にしてしまったりして今まで行けていたところが行けなくなってしまったなんてことが多々あったので)。ご自分で見つけてくださるようお願いいたします。自力で方法を見つけた時の嬉しさも登山の一部ですよ?(*´ω`*)


↓気に入ったらポチッとしていただけると尻尾を振って喜びます♪

FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment